無料ブログはココログ

« 妖精の守護シーサーたちに会いに来てほしい | トップページ | 生命の種が、彗星にのってやって来たとすると... »

2004.06.12

究極無二のLSD≒密儀小説

ヴァリス
『ヴァリス』フィリップ・K・ディック著/創元推理文庫/¥1,050 (税込)

女友達の自殺をきっかけに、ホースラヴァー・ファットは少しずつ狂いはじめた。麻薬に溺れ、彼もまた自殺を試みるが失敗する。だが、彼は神に出会った。ピンク色の光線を照射し、彼の頭に直接情報を送り込んできたのだ。その日から、ファットは自分だけの秘密教典を記しはじめた……。ディック自身の神秘体験が投影された晩年の問題作。

ヤワな21世紀カルチャーに飽き飽きしている方へ。本書インストール後の意識で捉える世界は、昨日のそれとは一変しているはず。アシッド小説の白眉。by astroblog

宇宙度☆☆☆☆☆
宗教性☆☆☆☆☆
難解さ☆☆☆☆☆
ヤバさ☆☆☆☆☆

« 妖精の守護シーサーたちに会いに来てほしい | トップページ | 生命の種が、彗星にのってやって来たとすると... »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7919/755976

この記事へのトラックバック一覧です: 究極無二のLSD≒密儀小説:

« 妖精の守護シーサーたちに会いに来てほしい | トップページ | 生命の種が、彗星にのってやって来たとすると... »