無料ブログはココログ

« 養蚕信仰、映画で紹介 川崎で上映会 | トップページ | 国内唯一「鯨の橋」32年ぶりに改築…3頭分の骨で »

2005.01.31

パーントゥが集落歩き厄払い/上野村野原でサティパロウ

上野村野原で、国指定重要無形民俗文化財「野原のパーントゥ」が行われた。この伝統行事は「サティパロウ(里払い)」と呼ばれ、集落の悪霊、悪疫を払う行事。女性と子供が執り行う。「サティパロウ」は、パーントゥの仮面をかぶった子供と、ホラ貝、太鼓の音を響かせる子供の後方に女性たちが続き「ホーイ、ホーイ」と掛け声を上げながら両手に持ったヤブニッケイの枝を振って集落内を練り歩く。四辻では、パーントゥの子供たちを中心にして円を描き、女性たちが「ウルウル…」と叫びながら円陣の中央に集まる。女性たちはクロツグとセンニングサを身にまとう習わしがある。
http://www.cosmos.ne.jp/~miyako-m/news.htm#3

*astroblog: 泥にまみれて幸せ招く/平良市でパーントゥ

« 養蚕信仰、映画で紹介 川崎で上映会 | トップページ | 国内唯一「鯨の橋」32年ぶりに改築…3頭分の骨で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7919/2755728

この記事へのトラックバック一覧です: パーントゥが集落歩き厄払い/上野村野原でサティパロウ:

« 養蚕信仰、映画で紹介 川崎で上映会 | トップページ | 国内唯一「鯨の橋」32年ぶりに改築…3頭分の骨で »