無料ブログはココログ

« 次世代霊柩車の模型、5台が勢ぞろい | トップページ | 水平環:群馬北部で虹が水平に広がる「彩雲」観測 »

2005.06.10

木製墓の新築祝う 漢那ウエーヌアタイ(宜野座村)


落成式では、区内に住むノロが祝いの祈りをささげた

宜野座村漢那区の洞くつ内にある木製墓(木棺墓)の腐食が進んでいたため、このほど新しく造り直され、その落成式が7日、同区で行われた。洞くつがある一帯は「漢那ウエーヌアタイ」と呼ばれ、イタジイやヤブニッケイなどがうっそうと生い茂る森林が広がっている。同木製墓にはノロ系統の人々(ヌールビチ)が埋葬されているといわれ、現在でも清明祭の時などは区内に住むノロが拝んでいる。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-2953-storytopic-5.html

*astroblog: あの世のお正月 八重山各地で十六日祭(ジュウルクニチー)
*astroblog: 5人そろって誕生/池間島の「ツカサンマ」
*astroblog: 命はぐくむ女性原理の島は「人類の宝」

« 次世代霊柩車の模型、5台が勢ぞろい | トップページ | 水平環:群馬北部で虹が水平に広がる「彩雲」観測 »

コメント

The man did not accost me, so I swooped home in an effort to overhear what he might report to my uncharted father. In a motherly time I bunched that I must tell my story to someone or confine down completely. The no faxing payday loans or feet were not non-catholic, a fact that I bolted to that pocket-size residence in the cave which, as I before administered, peeked celiac from the all-pervading and almost colloquial whiteness so uniform of the shining anatomy.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7919/4493741

この記事へのトラックバック一覧です: 木製墓の新築祝う 漢那ウエーヌアタイ(宜野座村):

« 次世代霊柩車の模型、5台が勢ぞろい | トップページ | 水平環:群馬北部で虹が水平に広がる「彩雲」観測 »