無料ブログはココログ

2006.02.10

仏像窃盗:東京の自宅に18体 動機は「夢で言われた」?

夢で、仏像を集めろと言われた」−−。奈良県明日香村の橘寺で仏像を盗んだとして逮捕された大隈光祐容疑者(43)は、県警の調べにこう供述している。東京・新宿の住宅からは仏像18体が見つかり、横流しした形跡はなかった。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060211k0000m040034000c.html

*astroblog: <米国>マザー・テレサ似のシナモン・ロール盗まれる
*astroblog: 頭蓋骨ばかり127個盗む…犯人逮捕も、使い道不明

2006.02.03

脳によい暮らしは? 鏡の笑顔、見るだけで


「『ま・ご・わ・や・さ・し・い』、つまり豆類、ごま、わかめ・海藻類、野菜、魚、しいたけ・きのこ類、いも類をとってください」

◆篠原さんが勧める「どこでも脳トレーニング」

 1、朝、前夜に食べたものを素材や調味料まで詳 しく具体的に思い出す。

 2、新聞記事から「の」を拾い出す。仮名だけでなく「野」など漢字表記の「の」も。

 3、電話番号を覚え、次に逆から言う。

 4、出先までの地図を描いてみる。

 5、テレビニュースを見ながら「あ」の音で右の 耳、「き」の音で左の耳を触る。

 6、自分にとって難しい本を読む。

 7、組み立て玩具やプラモデルなどで物作り。

 8、ウオーキングしながら写真を撮る。

 9、新しい料理に挑戦する。

10、手紙や日記を書く。パソコンを使わず、手書きで。

11、1日の出来事に10点満点で点数を。明日を予想し、点数上昇の工夫を。

http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20060119dde012100008000c.html

 

2006.01.13

相田みつをの詩、携帯で配信 世代超え人気、7万人登録


「しあわせは いつもじぶんの こころがきめる」

書家で詩人の相田みつを(1924〜91)の温かみのある優しい詩や書が、日替わりで携帯電話にメールで配信される。そんなサービスが、若者から高齢者まで幅広い世代で人気を集めている。
http://www.asahi.com/national/update/0113/TKY200601130217.html

■Seiko Instruments Inc. Contents Service「相田みつをの心」

*astroblog: 高僧の説教、着メロに=ダウンロード費は慈善事業に−タイ
*astroblog: ドコモ関西が古墳を破壊  無届けの基地局建設工事で
*astroblog: ドコモVS超能力者、携帯商標混戦バトル
*astroblog: <遷幸の儀>静寂ぶち壊す、携帯電話と私語 春日大社

2005.12.28

うるう秒:1日午前8時59分60秒に 7年ぶり実施


天文時にはうるう秒がない。だが、もはや天文時に戻せない。

6年の元日は普段の1日より1秒長くなる。世界標準時(英国)の元日午前0時00分00秒の前に、31日午後11時59分60秒という「うるう秒」が入るためだ。独立行政法人・情報通信研究機構の高橋幸雄・日本標準時グループリーダーは「うるう秒が必要になったのは、日常生活に根ざした太陽の動き(地球の自転)とは無関係に時間が定められるようになったからです」と説明する。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20051228k0000e040026000c.html

*astroblog: ”On the Road to 2012” ホゼ・アグエイアス来日講演会

2005.12.27

アフリカの骨、縄文の骨—遥かラミダスを望む

人類がたどってきた進化の道筋を実証する化石骨や古人骨資料は、フィールドワークを通じて創成され、博物館現場を中心にその科学的解釈がなされます。本展では、440万年前のラミダス猿人や16万年前の最古級のホモ・サピエンスなど、アフリカにおけるフィールドワークの成果を展示紹介。
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/real/#exhibition

■特別展示東京大学総合研究博物館開館10周年記念『アフリカの骨、縄文の骨—遥かラミダスを望む』

*astroblog: 頭蓋骨ばかり127個盗む…犯人逮捕も、使い道不明
*astroblog: 手洗い場にポツンと…中学校で頭蓋骨?発見

2005.12.22

2万年前の足跡発見=豪州南東部

オーストラリア南東部にあるマンゴー国立公園内で、推定1万9000−2万3000年前の人類のものとみられる計457個の足跡が、22日までにメルボルン大学などの研究チームによって発掘された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051222-04162404-jijp-int.view-001

*astroblog: 彗星に「人間の足跡」

2005.12.21

生命誕生に必要なガス発見 へびつかい座の恒星周辺で

米航空宇宙局(NASA)は21日、地球から375光年離れたへびつかい座の「IRS46」と呼ばれる恒星の周辺に、生命が生まれるのに必要と考えられているアセチレンなどのガスを発見したと発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051221-00000096-kyodo-soci

■Partial Ingredients for DNA and Protein Found Around Star

2005.11.28

宮城音弥氏が死去 心理学ブームをつくる



人間の心の問題
を分かりやすく語り、心理学ブームをつくった心理学者で東工大名誉教授の宮城音弥(みやぎ・おとや)氏が26日、肺炎のため都内の病院で死去した。「」「精神分析入門」など著書多数。また超能力や神秘世界にも関心を寄せた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051128-00000116-kyodo-ent

 

2005.11.03

1000万年前の新種類人猿

人類発祥の地とされるアフリカで、日本の研究チームが1000万年前新種の大型類人猿の化石を発見した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051103-04077708-jijp-soci.view-001

2005.10.21

丹波哲郎「実はこの間、死んだんだ」


「今回、私はあの世に行けなかった。これは、私にまだ、この世で果たすべき使命があると考えるべきだろうな」

「霊界の宣伝マン」を自称する俳優丹波哲郎(83)が、エッセー「オーラの運命」(双葉社、今日21日発売)で、「実はこの間、死んだんだよ」と2度目の臨死体験をつづっている。
http://www.nikkansports.co.jp/ns/entertainment/p-et-tp0-051021-0011.html

■丹波哲郎の霊界サロン

*astroblog: 死について考えよう 和歌山市で入棺体験会

より以前の記事一覧