無料ブログはココログ

2007.12.05

雑記帳:アイヌの伝統儀式・カムイノミ 北海道


祭壇にトノト(御酒)を捧げ、アイヌ語で「山の形が変えられ、森の木々が失われることになります」と祝詞を唱えた

「平取ダム」(総貯水量4580万トン)の着工を前に、北海道ウタリ協会平取支部は2日、平取町の水没予定地でアイヌの伝統儀式・カムイノミを行い、神々に工事開始を報告した。
http://mainichi.jp/photo/news/20071203k0000m040090000c.html


*astroblog: アイヌ神事「カムイノミ」公開 大阪・吹田市の国立民族学博物館

*astroblog: シシャモに感謝の伝統儀式 北海道でアイヌ民族
*astroblog: 北海道でアイヌのフンペ祭 神の恵み、クジラに感謝
*astroblog: アイヌ伝統儀式「アシリチェップノミ」/サケに感謝

2007.11.24

アイヌ神事「カムイノミ」公開 大阪・吹田市の国立民族学博物館

大阪府吹田市の国立民族学博物館で22日、北海道の先住民族、アイヌの神事「カムイノミ」が営まれた。万物に神が宿るという信仰に基づき、アイヌ関連を含むすべての収蔵品に宿った神を鎮めるための儀式。今回は千歳地方の伝統にのっとり、火、水、大地、村の4神を祭って行われた。
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/071122/acd0711221140007-n1.htm



*astroblog: シシャモに感謝の伝統儀式 北海道でアイヌ民族
*astroblog: 北海道でアイヌのフンペ祭 神の恵み、クジラに感謝
*astroblog: アイヌ伝統儀式「アシリチェップノミ」/サケに感謝


2007.11.17

線画刻まれた石版発掘 プエルトリコの遺跡

カリブ海の米自治領プエルトリコ南部ポンセにある600−1500年ごろのものとみられる遺跡で、線画が刻まれた複数の珍しい石版などが発掘された。石版は、球技場か宗教儀式の場所とみられる広場の跡地から発見された。
http://sankei.jp.msn.com/world/america/071114/amr0711141648011-n1.htm

2006.10.02

野底幸生さん 神事に欠かせない太鼓寄贈

【黒島】東筋支会は27日、10月8日に比江地御嶽(ページワン)で予定されている結願祭を前に、住民の野底幸生さんから大太鼓1つ、小太鼓2つの寄贈を受けた。
http://www.y-mainichi.co.jp/?action_article_show=1&article_id=5976

*astroblog: 「ゲージツ家のクマさん」が、音と光のオブジェを寄贈
*astroblog: 「宇宙メダカ」の子孫 近江八幡市に寄贈

2006.09.30

神々招き豊穣祈る 伊平屋田名区でウンジャミ

伊平屋村田名区の海神祭(ウンジャミ)がこのほど開かれた。女神ら8人は同区にある「田名屋」と呼ばれる家に集まった後、火の神を拝み神歌を歌いながら神々を歓待。「ハンタ」と呼ばれる場所で神歌を歌った。最後に海岸で歌い神々を送った。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-17480-storytopic-5.html

*astroblog: 台風の中ウンガミ(海神祭) 御願バーリーは中止

2006.02.23

アイヌ地名集完成


タイトルは「インカ〓アンロ(眺めましょう)」(〓は小さな「ラ」)

アイヌ語の地名語源や正確な意味を活字にとどめようと、アイヌ民族の文化伝承に努めている「知里真志保(ちりましほ)を語る会」(本部・登別市)が、室蘭、登別の地名集作りを進め、約10カ月がかりで一冊にまとめた。
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000000602230001

*astroblog: アイヌ語の数表現「400万」まであった 「最大1000」通説覆す
*astroblog: アイヌ民族の心 電波に乗せ
*astroblog: 「ケセン語」聖書の4福音書 ローマ法王へ献呈

 

2005.12.25

ホリエモン想定外のふんどし修行

ライブドアの堀江貴文社長(33)がテレビ東京の旅番組に出演し、山形県の羽黒山で山伏修行に挑戦した。全身白装束の山伏姿に着替えた堀江氏は、満足そうに腕を組んだ。だが、ふんどし一丁で首まで川の流れにつかる“想定外”のみそぎ荒行があることを知ると、表情が一変。「トータル・ワークアウト」で鍛えた肉体美を初披露しつつも絶叫した。
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-051225-0007.html

*astroblog: 赤ふんどし姿で雪上を疾走/函館
*astroblog: 神男めがけてもみ合うふんどし姿の裸男たち

2005.10.31

ハーリー船を新造/おごそかに船魂ごめ

西表西部の干立で29日、節祭りに使用するハーリー船の船魂込めが行われた。神司はまず干立御嶽で新船を報告、航海安全を祈願した。それから砂浜に置かれた船の前に移動、同船が幸福を運ぶよう祈った
http://y-mainichi.co.jp/article.php?id=2581#

2005.08.26

集落の成り立ち学ぶ 古宇利島でムラ・シマ講座


「ウタキは神が下りてくる場所。神アサギは神人を仲介役として神と住民が出会う場所」

第13期ムラ・シマ講座が20日、今帰仁村古宇利島で開かれ、県内各地から31人の受講生が集まった。「ムラとは何か」をテーマに島内各所を見て回り、神アサギやウタキを中心とした島の集落の成り立ちを学んだ。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-5699-storytopic-5.html

*astroblog: 御嶽(ウタキ)付近の海岸に、大量のゴミが漂着 宮古

2005.08.08

東京でアイヌ民族供養の式  同化教育施設の跡地で

首都圏に住むアイヌ民族の団体「レラの会」などが7日、明治初期に同化教育の施設があった東京都港区の芝公園で、先祖供養の儀式「イチャルパ」をした。民族衣装を着た約20人が、アイヌ語でカムイ(神)に祈りをささげた後、公園に設けた祭壇に酒や果物を供え、教育所のアイヌやそれぞれの先祖を供養した。
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005080700097&genre=C4&area=Z10


より以前の記事一覧